【比較】Macbook Proから最新のAir2018に乗り換えた理由

2018年秋に登場した新型Macbook Airのメリット・デメリット、気になりませんか?特に同じ13インチで価格差もさほどないMacbook Pro(13インチ・Touch Bar無しモデル)に対して優位性はあるのか?比較しました。

私自身、2年ほど愛用していたMacbook Pro2016から新しいMacbookへの乗り換えを検討していました。候補はMacbook Pro2017(13インチ・Touch Bar無し)もしくはMacbook Air2018でしたが、最終的にMacbook Air2018に乗り換えるに至りました。

Macbook Air 2018とPro2017と比較表

まずはスペックを比較します。比較対象は下記の2モデル。

  • Macbook Air2018
  • Macbook Pro2017(13インチ・Touch Barなし)
Macbook Air 2018 Macbook Pro 2017
ディスプレイ 13.3インチ
LEDバックライトRetinaディスプレイ
13.3インチ
LEDバックライトRetinaディスプレイ
Touch Bar 無し 無し
Touch ID あり 無し
幅(cm) 30.41 30.41
奥行き(cm) 21.24 21.24
厚み(cm) 0.41〜1.56 1.49
重さ(kg) 1.25 1.37
駆動時間 最大12時間 最大10時間
バッテリー 50.3Wh 54.5Wh
電源アダプタ 30W USB-C電源アダプタ 61W USB-C電源アダプタ
ポート USB-C×2 USB-C×2
CPU 第8世代Intelデュアルコアプロセッサ
1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.6GHz
2.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または2.5GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
Turbo Boost使用時最大4.0GHz
GPU Intel UHD Graphics 617 Iris Plus Graphics 640
メモリ 8GB/16GB 8GB/16GB
SSD 128GB/256GB/512GB/1.5TB 128GB/256GB/512GB/1.5TB
解像度 2,560 x 1,600 2,560 x 1,600
輝度 300ニト 500ニト
価格 ¥134,800 ¥142,800

尚、今回はメインマシンを新しく調達することが目的です。それにあたり、下記のモデルは省きました。

  • Macbook:メインマシンとしては頼りないため
  • Macbook Pro 2018:タッチバーは不要なため
  • Macbook Pro 15インチ:持ち運びには向かないため
  • Macbook Air2017以前:Retinaディスプレイではないため

Macbook Air2018とMacbook Pro 2017の共通点

Macbook Air2018とMacbook Pro 2017(13インチ・Touch Bar無しモデル)、どっちにするかで悩む方は多いと思います。共通点をまとめると下記のとおり。

  • 価格差:約8,000円と拮抗している
  • ディスプレイサイズ:13インチ
  • SSD:128GB/256GB/512GB/1.5TB
  • 解像度:2,560 x 1,600
  • ポート:USB-C×2個口
  • Touch Barは無し

Macbook Air2018のデメリット

Macbook air2018

Macbook Air2018のデメリットについてまとめると下記のとおり。

  • CPU/GPU性能が低い
  • スピーカー性能が低い

正直、価格差が8,000円程度ならば処理能力が高いMacbook Proを選ぶのが良い気がします。「素直にMacbook Pro2017にするか」と思うところですが、ここで再考。

私は動画編集やイラレ・フォトショといった重いアプリを使いません。処理能力的に問題ないのであれば、「Macbook Air2018にはそれなりの優位性があるのでは?」と考えた次第です。

Macbook Air2018のメリット

というわけでMacbook Air2018のメリットを列挙すると下記のとおり。

  • バタフライキーボードが第3世代に進化
  • 電池の保ちが最大2時間長い
  • Touch IDがついている
  • 120g軽い
  • 最厚部以外、全体的に薄い
  • キーボードに傾斜がついていて打鍵しやすい
  • 電力消費が低い
  • 初めての100%再生アルミニウム。環境に優しい
  • デザインの好み
  • 約8,000円安い

処理能力では負けるけど、ハードではMacbook Proには無い魅力が結構あるんですな。

「100gしか軽くならないし、薄さやバッテリーはどちらも十分でしょ」と考えがちですが、下記のようにも変換できます。

「より軽くてより薄くて、2時間バッテリーが長くて、キーボードが進化していて、おまけにTouch IDでログインが早い」
…総合力で考えると、Macbook Air2018はなかなかな気がしてきます。

Macbook Pro推しの方々はいいます。「CPUは大事!今良くても、将来新しいソフトウェアを使いたい時に後悔するかもしれないよ〜」
完全に同意です。私もここ2年Macbook Proを使ってきてとても満足しています。

が、私のように重いソフトを使わないのであれば、Macbook Air2018でも効率を落とすことなく作業できるのでは?だとすれば、上記のメリットはかなり魅力的にうつります。

ちなみに私の主な作業は以下。

  • パワポの資料作成
  • ブログ
  • 簡単な画像編集
  • 広告運用の管理画面操作(Chrome)

個人的にMacbook Air2018のポイントが高い点は、

  • Touch BarはないけどTouch IDだけはついている、ちょうど良さ。
  • キーボードが第3世代で文字入力の体験が向上。
  • ノマドする機会が多く、バッテリーは少しでも長いほうがいい。

…迷いましたが、今回はMacbook Air2018の購入に踏み切ることにしました。これで動作がもっさりしてしまうようであれば、Macbook Pro2017に買い換える覚悟です。